「はじめまして、凡人とーちゃんです。」
自己紹介は左のプロフィールをご覧ください。
2000年に浪人・留年無く大学を卒業してCM制作会社に就職。
2004年ボクにはもったいないくらいの女性と結婚。
2005年長男誕生。
2007年長女誕生。
2008年バカ社長の無謀な株取引で会社が倒産。
2008年通販会社で契約社員として働き始める。
2010年その通販会社で正社員登用される。
2011年次女誕生。
2014年念願の戸建購入。
2018年に通販会社を退社。
そして父島に移住!
超凡人ですがそれなりに波乱万丈なとーちゃんです。

2018年02月14日

父島とAmazon プライム

Amazonで頼んでいた商品が届きました〜!

IMG_0243.jpg

IMG_0244.jpg

父島に移住することになって気になったことの一つが
通販のAmazon。さらにいうとプライム。

父島は東京都ですが、船しか輸送手段がありません。
だから輸送料(送料)が本州よりかかります。
しかもその船は毎日出ているわけではなく、
東京から24時間かけて父島に着き、船も2〜3泊し
また24時間かけて父島から東京へ。
つまり、6日くらい経たないと島への物資が届きません。

で通常であればアマゾンプライムは送料無料。条件を満たせば翌日配達です。
で父島はというと、プライム会員は送料無料!!
さすがに翌日配達は無理ですが、船の出港日に合わせて注文すれば、
注文からそんな日数がかからず届きます。

ちなみに今回届いた荷物は2/10の夜に注文した商品で、
2/14には届きました!

しかし、気になる事が一点。
Amazonの配達状況では2/21着予定のまま。。。
そして2/21に父島に着く船はない。。。

昨年のNHK「ドキュメント72時間」では父島に届いた荷物を島内で配達する様子が登場していましたね。今日も夜遅くまで配達していました。


posted by omiddo at 19:07| 東京 ☀| 凡人の父島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

いざ、父島へ

家族4人を残し、まずはボクが単身父島に乗り込みます!

荷物はプラスチックの4段タンス。
旅行用ボストンバッグ。
そしてリュック。
あとは事前にダンボール6箱をクロネコヤマトで出荷。

おがさわら丸=おが丸が出港する竹芝桟橋まで妻に送ってもらいました。
そして手荷物(1,100円)になるタンスを預け乗船!
きっとこのコンテナの中に入っているんだな〜。

コンテナ.jpg

そして妻の見送りを受けて
出港!

見送り妻.jpg

このシーズンのおがさわら丸=おが丸ははじめて。
いつも夏休みだったので、今回は
いつもと違う格好、
いつもと違う景色、
はじめて1人でおがさわら丸。

早速夏には見られない景色。

富士山と飛行機.jpg
おが丸に乗れば確実に羽田空港と離発着する飛行機が間近で見られますが、
雪をかぶった富士山をバックに離着陸する飛行機を見られるのはこの季節だけ!

船内では寝たり、スマホで映画見たり、本を読んだり、飯食ったり。
妻からはペンネのお弁当をもらい、
義母からは赤飯おにぎりとおかずをもらいました!
有難や〜

東京湾を出たあたりから結構揺られました。
幸い船酔いはしないので問題はなかったのですが、
寝ている時の船の上下運動は、内臓が浮いたり沈んだりで
なんとも不思議な感覚です。

風も強く寒いので、甲板での星空鑑賞は諦めました。

翌朝、もうすぐ父島!というときに甲板へ。
そしたらなんとクジラを発見!!
プシューっと拭いたあと、クジラの上半身!?が出てきて
ざっば〜!!
初クジラに興奮しながら
父島で新しい人生がはじめるボクを迎えてくれていると勝手に思っていました。

そして、父島上陸!

小笠原ピーポくん.jpg

ここに行き着くまでの話も色々ありますので、
また書きます!

posted by omiddo at 20:47| 東京 ☀| 凡人の父島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

iPhone7用 防水ケース

父島に引越すことになったことと、
屋外作業が増えるので、
今持っているiPhone7用の防水、防塵、耐衝撃のケースを買いました。

実はiPhone7は防水になったので、風呂の中に入れて遊んでいたら、
ホームボタンの物理感触がなくなっていまい、修理に出したら、
「水濡れマークが反応しているので、保障対象外です」と言われてしまいました。
おかげでapple careでも12000円の出費。
確かにiPhone7は生活防水。
多少濡れる程度しかダメなのですね

で、今回のケース購入のポイントは・・・
1、基準を満たした防水、防塵性能
ある程度は安心できる品質じゃないと。
2、明るい色がある
山などで落としても目立つようにオレンジかピンク希望でした。
3、指紋認証対応
4、充電コードが刺さる
防水ケースの差込口は小さいことが多く、純正品以外は全く入らない場合もあるようです。
5、ストラップ用の穴がある
首からかける必要があるときに、ストラップがつけられないと落っことしてしまいます。
6、手を出しやすい価格

でした。

それに見事にマッチしたのがこれ↓



お風呂でのティッシュテストもOKでした。
ちなみに「IP68」取得商品ですが、
この「IP68」の意味は
「6」は衝撃への保護等級、「8」は防水等級のようです。
TAKIGEN参照

そしてケーブル差込口ですが、純正ケーブルでなくても近い大きさであれば刺さります。
ちなみに販売していないようですが下記ケーブルは刺さりました。


ちょっとサイズが大きくなり、重みもあるため、
女性には辛いかもしれませんが、
屋外作業、海、での暮らしを考えると、
これがベストです!

posted by omiddo at 18:16| 東京 ☁| 凡人の買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テスト

posted by omiddo at 17:31| 東京 ☁| ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8年勤めた通販会社を退職

8年ぶりの更新です。

そもそもこのブログは新卒で勤めたCM制作会社が倒産し、
拾ってくれた通販会社のウェブ部門で働きはじめたのがきっかけでした。

当時は子ども2人の家族4人。そんな中の倒産。
どうなることか!?と思っていたものの、運良く仕事にありつけた訳です。
東日本大震災もあり、部署異動も多々ありました。

ウェブ部門(コンテンツ企画、取材、デザインなど)

商品編集部門(編集者)

店舗運営(接客、事務)

新事業部(林業)

それぞれ辛い部分もありましたが、
かなり魅力的な部分もあったので、勉強になりました。
普通のサラリーマンじゃ経験できないことだらけ!
特に4番目の林業。
計10個の資格を取得し、チェーンソー片手に山に入り、
木を伐り倒し、運び出し、運搬しといった
とんでもない事をやっていました。

サラリーマンだから異動は仕方がない、
だったら楽しまなきゃ!と思うと、
この林業もかなり楽しい。
新しい事業部という事で、前例がないから、自分たちが道を作っていく部署でした。
社内では追いやられた感もあったし、
辛くて、肌に合わなくてといった理由で
会社を辞めていく人多数だったけど、
考え方次第ではある意味かなり恵まれた環境でした。
前向きに働いていたせいか、
会社から評価もしていただいて、昇格・昇給もありました。

しかし、問題が2つ。
●物理的問題
事業部の本拠地は北関東で、自宅からは車で2時間弱の場所。
林業だから朝早く出勤しなくてはいけないし、
新事業部ということもあって、山作業の後事務作業が待っている。
必然的に寮生活になり、家族に会えない日々が続きます。
3年間でトータル約350日は泊まりでした。
このままずっと定年まで続けられないなと。

●安全問題
林業は危険作業がつきものです。
しかし、新事業部には山作業のプロがいませんでした。
今まで事務仕事しかしてこなかったボクらが木を倒し、
重機を操作する。そして作業効率をあげなくてはいけない。
年齢だって若くないから、物覚えも悪い。
林業などの労務仕事は「どこまでやったらダメ!」という
危険水域を知っていなくてはいけません。
しかしこの部署にはいない。
「オレは慣れているから」という上司の作業も、
他の熟練林業者に言わせると危険。
その危険性を伝えても耳を傾けない。
上司は認めないけど、いつ事故が起こっても状況だったと思っています。
この環境では続けられない。

で、決心しました。
ある程度の給料、安定もあったけど。
このままじゃいけない!!

辞める意思を上司に伝えたところ、
かなりの暴言を浴びせられました。
でも翌日、「人生の一大決心をしたんだよね。」と納得してもらいました。

「辞める」という結果になってしまったけれど、
この会社には本当にお世話になりました。
この会社の経験があったからこそ新たな環境へ飛びこむ気持ちになれました。

新しい環境は未来への何の保証もありません。
先輩からは「会社にいるだけで給料もらえるのに・・・」と言われる始末。
しかしその会社にいても未来は保障されていません。
どうせだったら家族がそばにいて、協力しあって暮らしていける環境の方が
魅力的です。

「人生は一度っきり」

この言葉をはじめて思えた時でした。









posted by omiddo at 15:45| 東京 ☁| 凡人のお仕事関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする